ナターリア・ザヴァリシナ

ビジネス開発部

経歴


ナターリア・ザヴァリシナはロシア国内外の不動産の販売とマーケティングの分野において18年以上の経験を有し、ロシアの不動産市場において大きな成功を収めてきました。彼女はモスクワ国立大学で歴史学の博士号を取得し、モスクワ国立経済統計大学で戦略的マネージメント分野のMBAを取得しました。彼女はロシアで海外不動産を扱う不動産会社の上位10社に入るMIELホールディングの一部門であるMIEL-DPM社(海外資産)の最高経営責任者を務めていました。彼女は常に強い責任感を持って、ビジネスを成功に導くための革新に取り組んできました。

ナターリアは2000年にモスクワ不動産庁のコンソーシアムでキャリアをスタートさせました。そこで、彼女はコンソーシアムメンバーの共同プロジェクトの調整の仕事を行い、モスクワの主要な不動産会社との協力関係を確立しました。

ナターリアは2001年からMIELホールディングで特別企画部長を務め、見本市の企画、企業イベント、研修、セミナーなどを行っていました。

2003年から2005年までMIELホールディングの広告ディレクター兼マーケティングディレクター代理を務め、ナターリアは宣伝戦略、PRキャンペーン、メディアプランニングを担当しました。

2005年から2008年の間、ナターリアはMIELホールディングのマーケティングディレクターとしてマーケティング戦略、CRMシステム、顧客ロイヤリティ評価のための効果的なシステムの開発と実行を担当しました。 また、彼女はブランド改革を始め、マーケティングチームを率いてブランドの新しいポートフォリオを開発しました。 その結果、MIELホールディングはブランドの資本増強を目的としたユニークなイメージプロモーションシステムを導入しました。

2008年から2014年の間、ナターリアはMIELホールディングの海外不動産担当部門であるMIEL Distant Property ManagementのCEOを務めました。 彼女は革新的な技術を導入し、プロジェクトの計画と実行プロセスを成功に導いていきました。 彼女の他の業績には、競争相手の分析、販売計画、従業員のモチベーション向上のシステムの開発と実行が挙げられます。

2014年、ナターリアは自らの不動産会社を立ち上げました。

ナターリアは豊富な経験とネットワークを持っています。結果重視のアプローチと優れたコミュニケーション能力を活かし、様々な専門家との関係を構築することによって、私たちのビジネスを成長させていく役割を担っています。