SmartArb – スマートコントラクトのための公正かつ効率的な紛争解決法

ビジネスにおけるスマートコントラクトの導入は、取引をスピードアップし、透明性と安全性を高めることが期待されています。 しかし、現在の法的および規制上の枠組みは、スマートコントラクトにおける紛争の解決に適しているのでしょうか? テクノロジーがその潜在的な能力を実現し、スマートコントラクトが世界的に導入されるためには、紛争解決サービスの進化が伴わなければなりません。

スマートコントラクトに関する最大の法的な課題は、執行権の保証と管轄権の定義の二つにあります。 どのようにして分散型システムが利害関係者間の紛争における合意に達するのでしょうか? そして、複数の地域にまたがった国際的な取引のスマートコントラクトをめぐる紛争はどのように解決されるのでしょうか? 他にも、コードの誤りやシステムの誤動作は誰が責任を取るのかなど、スマートコントラクトに関連する他の問題が発生する可能性もあります。 新しい形態の契約関係は、紛争解決の新しいモデルを必要とするかもしれません。 スマートな紛争解決法が伝統的な司法紛争処理手続にとって代わる必要があります。

SmartArb(International Smart Mediation and Arbitration Institute)は、スマートコントラクトにおける国際的なビジネス紛争のための裁判外紛争解決(ADR)サービスを提供します。 コード形式のSmartArb調停および仲裁条項をスマートコントラクトに追加して、契約の法的強制力を確保し、紛争が迅速かつ公正に解決されるようにすることができます。 SmartArbは、国際的な調停および仲裁における独立した認定専門家のネットワークを網羅し、世界中の企業に公平で効率的で信頼性の高い紛争解決サービスの段階的システムを提供します。

How Smart Contract Dispute Resolution Works